以前のハードディスクからのデータを移動(顛末記その6)

やっとの事で、Windowsのインストールまで済んだので、以前のハードディスクからデータを移動しようと思ったら、ハードディスクからまるまるデータを認識しない状態になってました。

BIOSではハードディスクを認識していたので、エクスプローラで見ると通常ならEとかでドライブレターが出ていても良いのに、出ていませんでした。
そこで、ディスクの管理からハードディスクを見てみると、ハードディスクのところは、「読み込めません」みたいなことが出ているんですよね。

外部USBドライブとかも使っていると、ドライブレターが重複して見られなくなることが時々あるらしいです(そういうときはディスク管理からドライブレターの変更をするだけでよい)が、私の場合は、読み込み自体ができない状態でした。

ハードディスクをはずした際に、致命的なエラー、ハードディスククラッシュが起こったに違いない、ということで、目の前真っ暗になりましたね、ほんと。
幸い、よく考えてみると、BIOSでは認識しているので、物理的なクラッシュではないんではないか、何とかして読み出しができるんではないか、とあれこれネットで探してみましたが、これといって解決方法はありませんでした。

もう、専門業者に頼むしかないと思って、あちこちの業者のHPを見て回りましたが、物理的にハードが壊れていなければ、復旧費用は、だいたい3万円弱ぐらいなんですよね。
余分な出費がきつい、と、ぶつぶつ言っていたら、妻に「日頃から危機管理が足らないんじゃないの。危機管理にはお金と時間がかかるもんよ」と嫌みを言われてしまいました(笑)

が、よさそうな業者を捜すのにネットであちこち見ていたら、ハードディスク復旧ソフトというのがあることがわかりました。