USB接続用のハードディスクケース(顛末記その8)

顛末記その6までで、一応ハードディスククラッシュの復旧は、すったもんだの末、なんとかデータを取り出すことまでできました。毎日仕事から帰って夜中まで、すべてが試行錯誤だったため、10日に及んでしまいました。それでも、めでたしめでたし、で済んでよかったのですが、以下はおまけということで。

最初に買ったハードディスクはIDE接続で、新たに買い足したのはSATAです。
最近のマザーボードというか、今度買ったASUSのP5BはIDE接続が1系統しかないんですよね。
私のパソコンは、昔から使っていて捨てられないCDとDVDがIDEケーブルに1台ずつつながって既に割り込むことができません。
そこで、本体にはSATAのハードディスクを入れて、最初に買ったIDE接続のハードディスクは外付けのUSB接続用のハードディスクケースをつないで、利用することにしました。

ここで、また一悶着です。USB接続用のハードディスクケースに入れたハードディスクは、USBドライブからでは、ハードディスクがフォーマットできないんです。
説明書にはそのあたりのことは何にも書かれていませんでした。

これまた、Windowsのディスク管理の辺からあれやこれややってみたんですが、結局フォーマットできず、それならということで、再度パソコンのふたを開け、CDのコード、電源を抜いたものをハードディスクにつなぎ、IDE接続で直接パソコンに認識させたところ、無事フォーマットすることができました。

外付けのハードディスクは通常はこんなことはないとは思うのですが、原因はよくわかりません。
ただ、これもなんとかクリアできましたので、ま、終わりよければすべて良しということで、一件落着しました。

しかし、6年近く使っていて、あれやこれや入っているパソコンのソフト関係の再インストールは気が遠くなるような作業となっています。
一定の時期が来たら、システムごとコピーできるようなソフトを使って、新しいハードディスクにまるまるコピーして入れ替えるのも正解かもしれませんね。